中華街コンシェルジュの佐藤さん
なにやら一生懸命描いています。。。


明日10月10日は雙十節というお祭りが横浜中華街で行われます。 お祭りにかかせない、中国獅子の事を、中華街コンシェルジュの佐藤さんに紹介してもらいました!

獅子は「神のライオン」とも言われ、神の使いとされその獅子に噛まれると、
邪気をはらい福が来ると言われています。
●獅子の種類
獅子には大きく分けて北方獅子と佐藤さんが描いてくれた南方獅子があります。
採青(ツァイチン)などで見ることができる獅子は南方獅子で、
その動きは功夫から来ている為武術の訓練に獅子舞を行なったりもするそうです。


北方獅子はこちら↓↓↓ 

獅子使いと獅子がじゃれ合っている姿がとってもかわいい〜♪


お酒!?


あれ、お酒を飲んで!?


よっぱらっちゃった。。。

●採青の見どころ
双十節では中華街全域で獅子が各店舗をまわる採青(ツァイチン)を見ることができます。 ドンチャンと軽快な音のするほうへ行けば、きっと獅子を間近で見ることが出来るでしょう。
獅子舞の動きに合わせて聞こえてくる軽快な音楽は「オンシャ」と言って音で邪を払い、浄化するはたらきがあります。太鼓・シンバル・ドラのコンビはマイナスエネルギーがプラスに転じる、究極の浄化なんです。
獅子舞の先生に、「獅子に合わせて演奏しているのですか?それとも演奏に合わせて獅子が動いているのですか?」
と聞いたことがありますが、お互い心を一つにしているのでどちらかに合わせるとかはないそうです。。。。。(深いですね。。。)
是非、この機会に迫力満点の獅子と音楽を体感しに横浜中華街へいらしてください!


◆双十節のイベントスケジュール
12:00〜13:50 横濱中華學院校庭にて(北方獅子の演舞がご覧になれます)
14:30〜15:30 祝賀パレード
16:00〜20:00 祝賀獅子舞(中華街全域 南方獅子による採青)
中華街発展会公式HPはこちらから