中華街コンシェルジュの佐藤さん
昨日、中華街コンシェルジュの勉強会に参加してきました!
今回のテーマは「中華獅子舞」

講師の高崎さん(中華街コンシェルジュ一期生)が、
実践をふまえて、獅子には、北方と南方と分かれている事や
動きは武術から演じられる事があり、とても勉強になりました。

獅子は「神様の使い」
龍は「神様」

ホテルのウェディングパーティーや披露宴で、
獅子舞の神聖な舞を披露することもあるんですよ。

お祭りのときに会えますので、皆さん是非中華街にいらしてくださいね。

獅子舞の頭を持たせて頂いたのですが、
とっても重いんです。(びっくり!!!)
この頭(カシラ)をかぶり、目をパチクリさせたり
口を開け閉めさせたり、時には、
みかんの皮で「喜」の文字を作ったり!!

獅子舞の動きは「武術」だそうで、
その軽快な舞は、圧巻です!


披露するシーンによって、太鼓の音もかえるんだそうで、
奥が深い。。。また、詳しくご紹介させて頂きます!
お楽しみに。